人生80年の今の世を生きるために良い食生活を!

人間の生活にとって健康はかけがえのないもので、多くの人が病気をせずに毎日健やかに暮らすことが出来ることを望んでいます。 確かに太古の昔より人間の寿命が長くなり、21世紀を迎えて人生80年は当たり前と考えられています。 長寿命の理由として大きいのは食生活が充実して、体にとって必要な栄養を摂取できていることが貢献しているのは言うまでもありません。
また、医食同源という言葉があるように食事を充実させていけば、体に必要な栄養を取ることが出来て病気を治療したり、体の自然治癒力や免疫を高めて病気を防いだりすることも可能となります。 そのため、食事には体に良い効果があることは言うまでもありません。
栄養学的な観点から体の健康には、様々な栄養分を摂取することが好ましいと言われています。 つまり偏食をせずに総ての食材を満遍なく摂取する栄養バランスが鍵を握るという事です。
現代人は麺類や肉、米、イモ類はよく食べられますが、野菜や海藻という食物繊維が豊富な食材の摂取が少なく、栄養が足りていない傾向にあります。 このような意味において、青汁を飲むことで現代人の不足している栄養分を手軽に補うことが出来て、その栄養が体にとっても良く、健康的になる訳です。
青汁が体に良い理由については、βカロチン、ビタミンA、ビタミンC、食物繊維、カルシウム、葉緑素などの栄養素を含んでいることです。 特にビタミン類は人間の体は光合成をする訳ではないため作り出すことが出来ず、野菜等によってしか摂取できないのです。 しかもβカロチンは、体の皮膚や粘膜組織の維持にも必要不可欠で、食物繊維は体の胃腸の働きを活発化させる働きがあります。 意外なのはカルシウムやミネラル成分を含んでいることで骨粗鬆症を防いだり、貧血を防いだりする作用もあることです。
野菜に含まれている葉緑素は、クロロフィルとも呼ばれており、組織細胞の促進にも必要な存在です。 このように、体の健康維持をする上で必要な栄養を含んでいるのが青汁となっており、この存在は大きいです。
青汁には、粒状や液体状のタイプに分かれていますが、現在は粒状のタイプが多いです。 粒状のタイプは、それを水などで薄めて飲むもので持ち運びに優れており、液体で飲むことの方が消化しやすい点もあります。 消化しやすい、すなわち栄養を吸収しやすいことにも繋がることもあり、逆に野菜を食べるよりも優れている点もあります。 近年、健康食品がブームになっていますが、多くは青汁が占めており、各健康食品メーカーも力を入れている商品の存在となっています。

と上記では、青汁の素晴らしさを簡潔に説明しましたが、最近私が密かに訝しんでいることがあります。
それは、野菜不足や健康促進に発破をかけたのは青汁なのではないか?という事です。
昭和に生まれた私は、年を重ねるごとに今まで食べたことのない食べ物を次々と口にしてきましたが、中学生・高校生の頃に野菜不足と言う言葉はあまり目にした記憶がありません。
一例を挙げると、新しい薬を売れるようにするためにその薬でしか直せないウイルスを捲く!や、最近ではお金を流動させるために消費税を上げる!(←これは実際に上がりますが、増税前にお金が動いたことも事実です)という物です。青汁や他の健康食品を売るために、野菜不足や健康促進を企業側から打ち出したのではないかな?と思うのですが皆さんはどう思いますか?
結果的に、青汁は確かに現代人が足りていない栄養素を多く含むモノなので、体のためには良いのですが、鶏が先か?卵が先か?分からずじまいではいけませんのでいつか究明して見せます!
このサイトには青汁の代表的な原材料を記載していますが、さらに詳しく知りたい方は、青汁の比較ランキングを閲覧ください。
ホームページで多くの情報を見れる現在では、「利用者=口コミの評価=世論」が信憑性のある物であり、一企業のホームページだけでは、それが優れているか?の判断が付きにくいという事実があるので、多くの利用者の声を記載している上記サイトで、あなたに合った情報を収集してみてください。